すぐ借りれるカードローン

すぐ借りれるカードローンを選ぶなら 消費者金融のカードローン

すぐ借りれるカードローン,Card loan that can be borrowed money immediately

すぐ借りれるカードローンを選ぶ時、いろいろあり過ぎて迷いませんか?

 

ただでさえお金がなくて困っているところに、さらに頭を悩ます問題が増えると、ため息が出ちゃいますよね。

 

カードローンには、

・銀行が提供しているもの。
・ネット銀行が提供しているもの。
・信用金庫が提供しているもの。
・消費者金融が提供しているもの。
・クレジットカード会社(信販会社)が提供しているもの。

など、たくさんあります。

 

そんな中、

どこでお金を借りるのが一番得なのか?

 


手っ取り早く知りたくはないですか?
なるべく損はしたくないですもんね。

 

実は、今すぐお金を借りたいって時に使えるカードローンは、選択肢が限られています。

 

結論から申し上げますと、
すぐ借りれるカードローンを選ぶなら 消費者金融のカードローンしかありません。

 

それは、即日融資に対応しているのが、消費者金融のカードローンだけだからです。
銀行その他のカードローンは、審査に時間がかかるため、即日融資ができないのです。

 

このページでは、安心安全なすぐ借りれる消費者金融のカードローンをご紹介します。

 

<このページを読んでいただきたい方>
これまでお金を借りた経験がなくて、どこでお金を借りたらいいかわからないという方。
初めてのカードローンの申込みで、不安を感じられている方。
どのカードローンがいいか迷っているという方。
お金がなくて困っていて、今すぐお金が必要だという方。
短期で50万円までの少額の借入れ希望の方。

 

すぐ借りれるカードローンがどれかわかれば、不安がなくなり、迷いなくカードローンの申し込みができます。
安心してお金を借りられるようになりますよ。

 

すぐ借りれるカードローンを選ぶなら 消費者金融のカードローン

 

 

すぐ借りれる消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンの中でも、即日融資に対応していて、すぐ借りれるのは、審査システムがしっかりした大手消費者金融のみになります。

 

中小の消費者金融でも何社か即日融資のできる会社もありますが、大手消費者金融のサービスと比べて不便な面もあり、あえて中小の消費者金融を選択するメリットはありません。

 

こちらでは、SMBCグループの「プロミス」と「SMBCモビット」をご紹介します。

 

どちらもテレビCMなどで、おなじみですよね。
大手銀行グループの消費者金融なので、サービスも充実してて、初めてでも安心してお金を借りることができます。

 

プロミス

プロミス

最短30分で審査完了。
最短60分で借入れ可能。
手続きはすべてWEBで完結できて、郵送物もありません。

 

プロミスが初めての方は、30日間利息0円サービスが受けられます。※1

 

50万円以下の借入れなら収入証明書も要りません。
準備するものは、免許証だけ。
プロミス 本人確認書類

 

金利 限度額

4.5%〜17.8%

500万円

※1.メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

SMBCモビット

SMBCモビット

10秒簡易審査。
最短30分で審査完了。
即日融資可能。※2

 

「WEB完結申込み」なら、お勤め先確認の際に電話連絡がありません。※3

 

50万円以下の借入れなら収入証明書も要りません。
準備するものは、免許証だけ。
SMBCモビット 本人確認書類

 

金利 限度額

3.0%〜18.0%

800万円

※2.申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3.三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちの方で、全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方。

 

限度額はなるべく多い方がいい

審査によって決まる借入れ限度額は、なるべくなら多いに越したことはありません。

 

もし、そんなにお金を借りる予定がないにしても、借入枠があれば、急な出費にも対応できます。
でも、限度額が多い方がいい真の理由は、別にあります。

 

借入れ限度額 適用金利
1〜100万円

10.0%〜18.0%

100〜300万円

7.5%〜15.0%

300〜500万円

4.5%〜8.0%

500〜800万円

3.0%〜5.0%

(借入限度額が多くなるにつれて適用金利が下がるイメージ表 ※実際とは異なります。)

 

お金を借りる時の金利は、借入れ限度額が増えるにつれて低くなっていきます。
限度額が多い方がいい本当の理由は、限度額が多いほど適用金利が下がるからです。

 

同じ5万円を借りるにしても、限度額10万円と人と、限度額100万円の人とでは、適用金利が異なるため、支払う利子の金額が変わってきます。

 

限度額が100万円だからと言って、100万円を借りないといけないわけではありません。
別に1万円でも、5万円でも、範囲内であれば、いくら借りてもいいわけです。

 

 

同じ金額を借りるなら、なるべく金利が低くて、支払う利子が少ない方がいいですよね?


 

 

但し、借入れ限度額が多い方がいいからと言って、カードローンの申し込み時に多額の借入希望を出すのは止めましょう。
でたらめに多い借入希望額を書くと、審査に通らないかも知れないので注意が必要です。

 

消費者金融でお金を借りる時は、貸金業法に定められた「総量規制」という制限があります。

総量規制
年収の3分の1以上の貸付けは原則禁止

 

カードローンを申請する時は、借入希望額が年収の3分の1以下になるように気を付けましょう。

 

50万円以下にしておくと、収入証明書を提出する必要がなく、比較的審査が通りやすいようです。

 

 

カードローンの特徴

カードローンとは何か?もう知ってるよという方は、この段落はスルーしていただいてかまいません。
単に「お金を借りるサービス」という解釈でもぜんぜん支障はありません。

 

しかし、カードローンには他のローンとは違う特徴もあります。
ここでは、カードローンとは一体どんなサービスなのか?このページにおけるカードローンの定義などを改めて確認しておこうと思います。

 

カードローンとは

銀行や信販会社、消費者金融などが発行しているローン専用のカードを介して借入れ・返済を行う個人向け融資サービスのことです。
担保・保証人不要で、借りたお金の利用目的は問われません。

 

審査によってあらかじめ借入れ限度額と適用金利が決められます。
限度額の範囲内なら、自分の好きな時に、好きな金額だけ、何度でも繰り返しお金を借りることができます。

お金を借りる時は、銀行だけでなく、駅やコンビニのATMでも現金を引出すことができます。
最近は、現金を引出すのではなく、ネット決済などの引落し口座に直接振り込んでもらう形での借入れ方法もあります。

 

その場合、パソコンやスマホで振込みの指示をするだけなので、カードは必要ありません。
逆に、カードの代わりにスマホのアプリを使って、ATMを利用することもできます。

 

カードを発行するかしないかは選択制で、カードを発行しない場合は、カードローンではなく、ネットローンと言ったり、アプリローン(R)と言ったりします。
このページにおけるカードローンの定義には、カードを発行しないネットローンやアプリローン(R)も含まれることとします。

 

 

カードローンの利用目的は自由

カードローンの特徴をより際立たせるために、ここで他のローンサービスと比べてみたいと思います。

 

例えば、住宅ローンや自動車ローンなどは、「家を購入するため」、「車を購入するため」と、借りたお金の使用目的がきちんと決まっています。
借入れる金額ももちろん最初に決まっていて、一括で借りて、後は、スケジュール通りに数年、数十年かけて返済していきます。

 

目的型ローンには、他に教育ローンやリフォームローンなどがあります。
最近は、各金融機関独自のユニークな使用目的のローンも提供されています。

 

普通、ローンと言えば利用目的が限定されているのが一般的です。
もし、決められた目的以外での使用が発覚すると、契約違反となり、即刻返済が求められます。

 

それに比べて、カードローンは、借りたお金の利用目的が自由なのが特徴です。
事業と投資目的以外なら、何でもOKです。

 

 

カードローンは借入れ額と期間を自由に選べる

使用目的が自由なローンには、「フリーローン」もあります。
カードローンも使用目的が自由なローンという意味では、フリーローンの一種なのですが、一般に言う「フリーローン」は、カードローンとは違う特徴があります。

 

「フリーローン」の場合、最初に決めた金額を一括で借入れます。
最初にお金を借りてしまって、後は住宅ローンなどと同じように決められたスケジュール通りに返済していきます。

 

カードローンの場合、最初は借入れ限度額が決められるだけです。
その枠の中で、実際に借入れる金額は、自分で自由に選べます。

 

一括で限度額いっぱいまで借りることもできますし、まったく借りなくても問題ありません。
自分の好きな時に、好きな金額だけ、お金を借りられるのがカードローンの特徴です。

 

もちろん金利は、実際に借り入れた金額分にしかかかりません。
返済に関しても、まとまったお金ができた時に一遍に返してしまうなど、自分のペースで変更ができます。

 

借入枠の範囲内で自由に借入れ額や借入期間を選択できるのが、カードローンの魅力です。

 

 

カードローンの特徴まとめ

利用目的は自由。
限度額の範囲内で何度も繰り返し利用できる。
必要な時に必要なだけ借りられる。

 

 

なぜ消費者金融だけが即日融資可能なのか?

どうして消費者金融だけが即日融資を可能にしているのかというと、具体的には、カードローンの申請者が入力した情報を、人の手を介さずに、各項目を何段階かに分けて数値化。
その合計点ですぐ審査結果が出るようにパッケージ化しているからです。
これで、ネックとなる審査時間の短縮を計れるのです。

 

消費者金融の審査結果が出るまでのスピードには、銀行員も驚くほどなのだそう。
個人融資専業ならではの、膨大なデータの蓄積が、これを可能にしています。

 

消費者金融会社は、個人にお金を貸すことだけを専業にしています。
他の事業と兼業でやっている銀行や信販会社には負けてられませんよね?

 

だから自然とサービスにも力が入っています。

 

 

銀行カードローンが即日融資できない理由

以前は、銀行のカードローンも即日融資に対応していました。

 

しかし、2018年1月からすべての銀行は、カードローンの申請者が反社会的勢力と関わりが無いかを、警察庁のデータベースに照会することになりました。
警察庁のデータベース照会は、反社勢力を排除するために有効な手段ではありますが、時間がかかるという欠点があります。

 

データベース照会の結果が出るのが、最低でも翌営業日以降、最悪の場合2週間も待たないといけません。
これがネックとなり、銀行カードローンは、即日融資ができなくなってしまいました。

 

 

まとめ

すぐ借りれるカードローンを選ぶなら 消費者金融のカードローンしかない。
安心安全にすぐ借りれる消費者金融のカードローン2社「プロミス」と「SMBCモビット」のご紹介。
限度額が多いほど適用金利が下がるから限度額はなるべく多い方がいい。
カードローンを申請する時は、借入希望額を年収の3分の1以下になるように気を付けましょう。
カードローンとは、銀行や信販会社、消費者金融などが発行しているローン専用のカードを介して借入れ・返済を行う個人向け融資サービスのこと。
カードローンは、借りたお金の利用目的が自由なのが特徴。
カードローンは、自分の好きな時に、好きな金額だけ、お金を借りられるのが特徴。
なぜ消費者金融だけが即日融資可能なのか?
銀行カードローンが即日融資できない理由

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
初めてのカードローンの申込みに対する不安は解消されましたでしょうか?

 

安心してお金を借りられる、すぐ借りれるカードローンはこちらです。⇒

安心安全なすぐ借りれる消費者金融のカードローン


トップへ戻る